心を軽くする方法~認知行動療法のblog

心理学で心を軽くする方法。心理学で心をひも解き、相手も自分も理解しあう事が出来る。【心理研究家】佐屋鉄心

自尊心

「自殺するなら一人で死んでくれ 」


「自殺するなら一人で死んでくれ 」

最近、いたましい事件が多く報道されています。
被害者の方、そのご家族、関係者の方には心よりお悔やみを申し上げます。
1日でも早い身体と心の回復をお祈りしております。

自殺するなら一人で死んでくれ

また、ネット上でも様々な論争が見られます。
本当に残酷な事件で、許せないと私も思います。
ですが、「自殺するなら一人で死んでくれ 」という言葉に私はハッとしました。
確かに被害者の気持ちを考えると、その発想になるのは誰でもそうでしょう。
私もそうです。
ただ、影響力がある方がこのような言葉を多くの人に言ってしまうのは少し違和感を感じました。
それは、これを聞いた、自己否定が強い方や他者からの否定を受けている人はどう思うのだろうと考えたからです。
言論の自由があるので色々な意見が飛び交う事は自由だと思います。
そこから生まれる事や気付く事も多いと思います。
解ってはいるのですが、どうしても気になりました。



このような論争は様々な思いが交錯します。
受け取る側はその言葉を否定的に捉え、自己投映をして自分を攻撃していると思い込んでしまいます。
新たに攻撃的になる人もいたり、今まで抑えてきたものがフッと解けてしまう事もあるでしょう。
相手が言っている事の真意を熟考するのを怠り、周りの人の心や未来を感じ取る事を辞めてしまっています。
逆に、言っている側も、誰かに迷惑をかけるという行為を否定的に捉え、相手が何故そうしたのかを考える事を怠り、その人の心や過去を感じ取る事を辞めてしまっています。
強い感情を抱く時はその様な思考になる事もあります。
また、それが悪いという訳ではありません。
むしろ正常な反応で、心を守るために必要な事です。
問題はその発し方だと思います。


例えば、過酷なイジメを受け、誰にも助けてもらえないような子供がいます。
友人や先生はもちろん、親でさえその子の力になってあげないという状況です。
その子は耐えるか逃げるかの選択しか出来ません。
耐えてみたものの心が負けて、逃げ出す事にしたのですが、家にも居心地のいい場所はありません。
何とか部屋に引きこもって誰とも話さず、自分の心と必死に戦うしかありませんでした。

皆さんはこのような方を見て否定するでしょうか。
これだけだと、この子を可哀想だと思う方が多いのではないでしょうか。
ですが、ここが問題なんです。
最近の事件の原因は、『このような状況を避ける事や改善することが出来なかった』事ではないでしょうか。

ここ最近の事件が全てそうだとは言いませんが、このような人が闇の中から抜け出せず、いつしか誰かを殺そうという悪意を持つ事で、自分の中のドロドロした感情を浄化しようとする可能性があるのは否めないのではないでしょうか。

もちろん、その悪意に同意する事は出来ません。
ましてや実行に移す事はあってはならないことだと思います。
ですが、原因を突き詰めていくと、その人も何かの被害者だったのかもしれません。
そこまで考えると、「一人で死ね」は極端なのかなと思います。

このような事件をなくすためには、一人一人が論争から目をそらさず、考えて想像する事をやめないことが大切なのではと思います。





最後に、自己否定に苛まれている方へ、
あなたは存在していいし、そのままの自分で大丈夫です。
無理に頑張る必要はありません。人に認められる必要もありません。
失敗しても、逃げ出しても大丈夫です。
それが次のスタートになります。
少しずつ自分を肯定できるようにしていきましょう。

自尊心が大切

a0002_002051
自分のことをどう思いますか?

自分に自信を持って いる人はどのぐらいいるでしょうか?


様々な相談に乗っていると、悩んでいる方の多くに「自尊心の低さ」が見られます。

「自分はダメだ」「こんな事もできないなんて」「あの人には勝てない」など、自分を卑下して捉えている方が多くいます。

自尊心が低いとどうしても自分を低く捉えて自分を傷つける考え方をしてしまいます。

これは、それをバネにして努力する事が出来ればいいのですが、悩みを持つ方は自分を傷つけて終わってしまうことがほとんどです。

そして、努力できない事が問題ではなく、自尊心をもてないことが問題でもあります。

自尊心が高ければ、自分がダメだと考える事はないので、自分の範囲で努力が出来ます。

自分はダメだ→でも出来ない→やっぱり自分はダメだ

という負のループがそもそも起こらないのです。


出来ない自分がダメだから何とかしたいと考える方が多くいますが、実はこれは植えつけられた考え方では無いでしょうか。

集団の中で生活をしていると、「個性は抑えて協調性を重んじる」「競争社会で勝ったものが幸せになれる」と言う風潮が生まれます。

特に日本では強くあるのではないかと私は思います。

そんな中では、出来ない自分はダメだという考えがクセ付くのは仕方がないことだと思います。

周りが自然とそれが正しいというシステムに疑いを持つ事は難しいことです。

もちろん社会性という面で協調性や競争は必要なことです。

ですが、そのために自分を傷つけてしまうのはやりすぎではないでしょうか。

ダメ出しをして自分を責める前に、自分の考え方がまわりに植えつけられたものではないかと考える事が自尊心の向上につながると思います。

こちらで自尊心の解説をされています。

自尊心を高める方法


自分とは何か?自尊心とは何か?を考える事が根本的解決になると思います。

自分は自分らしくと考え、自尊心を高く持てれば様々な悩みは解決するということにもなります。
サイト内
リンク
自分で出来る認知行動療法

エゴグラム性格診断

うつ病の認知行動療法マニュアル患者用(PDF)

真面目な心理テスト

にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

プロフィール

佐屋鉄心

心理カウンセラーの佐屋鉄心です。
普段は某カウンセリングルームで認知行動療法の心理カウンセラーをしております。
様々な悩み解決のヒントとなれるような執筆活動をしています。